インターネットはヤマダ電機で申し込むな!?

なぜ?ヤマダ電機で申し込んではいけない!?

インターネット回線をどこにしようかな??どこから申し込もうかな?
と思っている方に是非読んでいただきたいサイトです。
新しくパソコンを購入したとき、ヤマダ電機などの家電量販店では、同時にインターネットも申し込みませんか?と勧誘されることがよくあるでしょう。
大抵の場合、ヤマダ電機とは別の、他の代理店経由で申し込んだほうが、キャンペーン内容が豪華だったりします。こちらで紹介している代理店と、ヤマダ電機などの家電量販店と比較してみれば一目瞭然です。

 

どこから申し込んでも同じインターネットなので、せっかくならお得な代理店から申し込んでおきたいですよね。
1万円とか数万円の差が付くことも少なくありませんから。

 

 

どのサービスを申し込むか?によって、おすすめの代理店も違います!

 

自宅でインターネットを使いたい場合、今は携帯電話と同じグループ会社のサービスと契約するのがおすすめです。
なぜなら、「自宅インターネット」と「スマホ」をセットで利用することで「セット割引」が使えて、通信料金が安くなるからです。まずはどのインターネットサービスを申し込むかを決めましょう。

 

ソフトバンク携帯の場合

おすすめは、いわずもがな、Softbank光です。
スマート値引き(すまね)携帯料金が、毎月、家族分もかなり安くなります。

 

>ソフトバンク光の申込ページはこちら

 

au携帯の場合

おすすめは、auひかりです。
auスマートバリュー携帯料金が、毎月、家族分も含めてかなり安くなります。
また、下記の代理店であれば、プロバイダーをSonetにすることで40000円ものキャッシュバックをゲットできます。
※ひかり電話が不要な場合は33000円バック(業界最高値)。
>auひかりの申込ページはこちら

 

ただ、ネックなのはauひかりは提供エリアが狭かったりします。地方のマンションとかは使えない場合もあります。
auひかりがエリア外で使えない場合はSonet光で、「auセット割」という割引がおすすめです。 
>So-net光の申込ページはこちら

 

ドコモ携帯の場合

同じNTT系列のフレッツ光がおすすめです。
>フレッツ光の申込ページはこちら
ドコモ光でもよいですが、キャッシュバックキャンペーンが無いのが残念。フレッツ光であれば、10000円〜20000円のキャッシュバックが魅力的です。

 

スマホを使っていない場合

 

フレッツ光よりは、auひかり、ソフトバンク光がおすすめです。

 

 

インターネット回線に申し込もうと思っている人は、ヤマダ電機やエディオンなどの家電量販店と契約するのは辞めるのが良いでしょう。なぜならば、家電量販店のキャンペーン内容は、ひかりテレビや映像配信サービスなどといった必要が無い有料オプションが強制的に加入しないといけない場合があるからです。キャッシュバックが大変お得!などのキャッチコピーで見込み顧客を集客するのですが、無駄なサービスばかりになりトータルとして余計な支払額が1.5倍くらいになってびっくりしちゃうのが最悪のパターンです。だから、インターネット回線を申し込もうというのなら、公式HPの契約ページから加入するのがおすすめである場合が多いです。

 

駅前などで構えているケータイショップのキャッシュバック額については最大10万円キャッシュバック!といった売り文句がよくありますが、大抵がいらないサービスをうまく乗せられて追加しないといけません。インターネット回線が料金は一番安いので契約したのに、なぜだか月額の通信費用が高くなっちゃって何故だか分からない等のパターンが少なからずあるそうです。

 

キャッシュバックなどキャンペーンにも差があります

 

 

事例:auひかりの場合

 

 

AUひかりを契約するのであれば、キャッシュバックキャンペーンが他社より高い販売先から申し込むことがおススメだったりします。よくよく見てみると、申し込み先が違うだけでキャンペーン内容が数万円違ってきますので、どこの代理店が本当に一番高いのか、しっかりと見極めて選択するようにしておきましょう。

 

皆さんがお得だと思い込んでいるのが、ケーズデンキやヤマダ電機などの大手の家電量販店が進めているキャンペーン内容などがそうです。多くの場合がせいぜい1万円くらいが良いところです。一方で、WEB上のネット申込できる代理店の方がキャッシュバック特典が高額なのが知る人ぞ知る情報です。最もキャッシュバック金額が高いので人気の正規代理店は、その企業だけのキャンペーンの分だけであっても2万円くらいの額をもらえるのも普通です。

 

プロバイダーのキャンペーンと合わせてみるとオプションなど不要で4万円ももらえるということもあるんです。そういうことで、auひかりに申込みたい場合は、ケーズデンキやビックカメラなどの有名店舗で申し込むのは辞めてWEBサイト経由で申し込むほうが良いでしょう

 

それと、よく街で見かけるauショップや、auひかり公式HPで申込むのも本当はお得では有りません。

 

というのも、ネット代理店から申し込むと、auひかり公式の特典と合わせて、代理店オリジナルのキャンペーンもGETできるのに対して、auひかりの公式サイトで申し込むときは、au公式の万人共通のキャンペーンだけしか受け取ることができないからです。

 

auの場合:おすすめ代理店はNNコミュニケーションズ

 

 

auひかりをどの代理店で申し込むかを決める際に見失いがちなのが、キャッシュバック特典の金額はもちろんですが、どのようにキャッシュバックを受け取るかについても絶対に明らかにしておくべきです。なぜなら、多数のau代理店のサイトが申請方法を無駄に面倒くさいものにしてキャッシュバック特典を手に入れるのが不可能等のような問題が発生しているのが事実だからです。

 

具体的にいうとキャンペーンを申請するタイミングが開通後8〜12か月あとなどのようにルール決めすることでキャンペーン特典があったことを過去のものとして忘れてもらう店舗も少なからずいます。そして、申請手段として、キャンペーンを申請する手段で回答必須のアンケートメールを送信したのちに同じように郵送で書類を提出したり無駄に多い手続きを正確にやらないといけません。これらの途中で仮に不備が少しでもあったらキャッシュバック特典は提供できないというような厳しさが露骨な仕組みを細かく決めているのです。

 

実は今までほぼ全てのKDDI代理店がこのように面倒なやり方を安穏と行っていましたが
業界を変えようとまだ少数派ですがまともなKDDI代理店が出てきました。

 

それが、株式会社NNコミュニケーションズです。この企業は、特典をもらえる率が非常に高いレベルの珍しい代理店です。なぜかというと、キャンペーンの申込後に電話時にキャッシュバック特典の振込先の銀行口座を伝えるだけで申請手続きは全て終了なので、無駄なやり取りが、少しもいらないのです。auひかりのキャッシュバックを申し込みたいときは、キャッシュバックの額が最も高くて、申請にかかる手間も最も簡単で忘れることが無い鰍mNコミュニケーションズが良いと思います。お近くのヤマダ電機に電話してみてキャッシュバック金額を確認してみてください。もし仮に、下記の代理店より高い場合は、確実に有料オプションなどがあると思われます。

 

>NNコミュニケーションズのキャンペーンサイトを確認してみる

 

 

 

 

ソフトバンク携帯の場合

ソフトバンク光の場合は、キャッシュバックなどのキャンペーンは実施していませんので、最も安心な公式サイトがおすすめです。
スマート値引き(すまね)携帯料金が、毎月、家族分もかなり安くなります。

 

>ソフトバンク光の申込ページはこちら

 

キャッシュバックがほしいという場合は、auひかりか、Mひかりが良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相互リンク
インターネット ヨドバシカメラ  インターネット ケーズデンキ  インターネット ジョーシンデンキ  インターネット エディオン  インターネット ビックカメラ